血糖値の低下に効果的な食事

血糖値の低下に効果的な食事

高血糖は糖尿病の予備群といわれています。この高血糖の状態を改善するための方法としては、食事療法と継続的な運動が有効なものといわれています。その食事療法についてですが、基本は「食べ過ぎない」という点にあります。

 

血糖値が高い人の多くは体型が肥満である傾向が多く、肥満傾向の人は一回あたりの食べる量が多く、そのうえ高カロリーの食事を好む傾向にあります。こうした人であれば、一日あたりの摂取カロリーを超えないような食事量を守ることが最も重要となります。

 

また、お菓子類のように糖分の多い食品を控えることも大切です。ではフルーツはどうかといえば、これも糖分が決して少ないとはいえないので食べすぎないように注意が必要です。そのため、食事においては栄養バランスを考えるとともに野菜中心の食事にするように心がける必要があります。

 

糖分についてはお酒にも多く含まれていることに加えてインスリンの分泌を阻害し血糖値を高める要因となりますのでこちらも飲み過ぎには十分注意しましょう。バランスの良い食事とは、糖質60%・タンパク質15%・脂質25%の割合で摂ることが望ましいとされています。

 

それとともに塩分も血糖値を上昇させる原因となりますので摂りすぎないように注意したいところです。こうした事情を考えると、外食は極力避ける、カロリーや栄養のバランスの良い食事を心がけるといったことが最も重要となってきます。

 

栄養バランスのとり方としては、白・黒・黄色・緑・赤色の食材を毎回の食事に利用するという方法もあります。たとえば白はごはん、黒はわかめやゴマ、黄色は野菜やフルーツ、緑は野菜、赤は肉といった具合です。これらの食材をバランスよく食べることが健康には重要なのです。