高血糖の状態が続くと体に異変が

高血糖の状態が続くと体に異変が

血糖値が高い状態を「高血糖」といいますが、この高血糖の状態が続くと何が良くないのでしょうか。まず、生活習慣病である「糖尿病」を発症する危険性が高くなります。逆にいえば血糖値をおさえることがそのまま「糖尿病をおさえる」ことにつながるというわけです。

 

糖尿病自体は特につらい自覚症状がない病気ではありますが、いちど糖尿病になってしまうと完治することは不可能であり治療には長い時間を必要とします。そのため、少しでも血糖値を下げるための治療や指導が行われることになります。こうした治療の中には生活習慣の改善というものも含まれており、実はこの部分が最も困難な部分といえます。

 

糖尿病そのものはそれほど恐ろしい病気ではありませんが、本当に注意すべきは数々の「合併症」です。糖尿病が原因で引き起こされる合併症はいずれも命にかかわるものばかりであり、たとえば網膜症のように失明するものもあれば、神経障害であれば手足やその先端が壊死してしまうものです。

 

また、人工透析が必要な腎症になると人工透析を一生受け続けなければなりません。糖尿病には「三代合併症」と呼ばれるものがあり、「腎症」「神経障害」「網膜症」がそれにあたります。加えて、糖尿病は血管への障害ももたらすことから動脈硬化や心筋梗塞といった重大な病気の原因となることもあります。血糖値が高い状態になれば、それだけこうした合併症を引き起こす糖尿病になる危険性が高くなっているといえます。