高い血糖値を下げる薬とは?

高い血糖値を下げる薬とは?

「血糖降下薬」はその名の通り血糖値を下げることを目的とした薬です。こうした薬の種類や役割としては、ひとつは糖質の吸収を抑え、糖分の代謝を促進しインスリンの働きを高めることにあります。もともとインスリンは体内で血糖を分解する働きを持っていますのでその働きを活性化させて血糖値を下げるということが基本的な考え方となります。

 

もちろん「血糖降下薬」はひとつの種類だけでなく複数の種類があり、それぞれの血糖値の状況ごとに使うべき薬が異なります。大きく分けると以下の4つがそれに該当します。

 

・α−グルコシダーゼ阻害薬
この種類の薬にはグルコバイ、ボグリボース(ベイスン)薬などがあります。血糖値を抑える薬ではありますが食後ではなく食前に服用する薬であり、数ある血糖降下薬の中でも特に弱い薬です。食物繊維と同じような働きをすることから糖の吸収を抑えて食後の血糖値上昇を防ぎます。

 

・インスリン抵抗性改善薬
この種類の薬にはアクトス薬などがあります。食前または食後に一日1回復用する薬となっており、インスリンに直接作用することから血糖値を下げる高い効果が期待できます。

 

・スルフォニル尿素薬
この種類の薬にはアマリール、パミルコン、オイグルコン、ダイアグリコ薬などがあります。一日1錠だけでも効果は期待できるものの少しずつ効果が下がっていき飲む量も増えていきます。膵臓から出るインスリンの分泌量を増やす効果もあります。

 

・ビグアナイド薬
この薬の種類にはメルビン、グリコラン、ジベトスB薬などがあります。食欲を減退させるため、肥満が原因の高血糖の場合に有効といえます。一時期に比べて最近では処方される回数が減ってきた薬です。

 

こうした薬は高い効果の反面副作用というデメリットもあります。そのため、できるだけ普段から適度な運動と食事療法とを上手に取り入れて、弱い薬へ移行できるようにしたいところです。